OUR DAYS Asia×Tokyo

アクセスカウンタ

zoom RSS おしゃれとは!?

<<   作成日時 : 2018/02/08 00:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

マリエさん、私は何とか健康を維持しています(^^)

インフルエンザが流行っているそうなので気を付けたいとこですね。

春もあとひと月半もすればという感じでしょうか。

おしゃれの季節です(^^)/



画像




さて今日は「おしゃれ」の定義。

私らしく(!?)新興国と先進国の違いなどを分析したいと思います。

先ず日本についてはご存知の通り四季があり、高度成長期の恩恵で個人所得も上昇し様々なファッションが発達したと言えるでしょう。

もちろん個人差もありますが、新興国と比較するとその差はやはりあると思います。



日本と同じ様な緯度の韓国も四季があり日本同様の発展をしている事から重ね着ファッションも出来る人が多いでしょう。

首爾や釜山等の都心と地方ではまた違うと思いますが、都会ではスタイリッシュなおしゃれの達人も多いのではと思います。

そして今やドラマや音楽を世界に発信しているので、韓国発信のファッションスタイルがアジア全土で主に流行しています。

また平均身長は日本人より高い韓国は長身でスタイルの良い人も多いのです。



画像




経済的や国民所得が韓国と同じ様な立ち位置の台湾。

南国と言えど最北の首都の台北はこの時期は10度前後になります。

普通に薄手のダウンやダッフルコートを着ている人も街中に溢れています。

また日本の影響を強く受けた人が多く、日本と似た傾向や雰囲気もあります。



画像




中国は広いので場所にもよりますが、上海等の都心部にはかなりおしゃれな人たちも見かけます。

中心部以外の場所はベトナムと同じか、それより下回る所得の人が多いと考えてます。

日本へ留学している若者も10年前と比較しても随分とスタイリッシュになりました。

首都の北京も上海もこの時期は寒いので、アウターの着こなしや重ね着の達人も多いのではと思います。

韓国同様、北部では長身の人も多いそうで、ファッション映えする人も多いのではと考えてます。



画像




そしてベトナムはどうなのでしょう。

ベトナムも日本と同じく北部、南部では気候が随分と違います。

北部では冬は10度前後、南部では27度前後という感じです。

北部では台湾同様に薄手のダウンなどを着ている人が多いのですが、南部でアウターの必要性は殆どなく、バイクに乗る際にパーカーを羽織るくらいです。

そして若者の個人所得が他の四国と比較しても低いので、一人づつが購入できる量は少ないと言えるでしょう。

もちろん価格が先進国と比較して安いので買い物上手な達人もいます。






おしゃれとは長い時間をかけて枚数を買い、色々なジャンルや形、色を着る事により差琢磨していくのものではと考えてます。

なので枚数を持っていない人は合わせの幅も狭く、磨かれもせず上達もしないのではと思います。

「数=上達」はある程度は正しいのではないかと考えてます。



私は15歳で自分で服を選ぶ楽しさを知り、今日までそうしてきましたし、その考え方は変わりません(^^)

マリエさんもやはりそうですか?



Lee aixun



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おしゃれとは!? OUR DAYS Asia×Tokyo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる